2002/03/28(木) それはそれでひとつのストーリー。

すでに何を書いて何をまだ書いてないのかあやふやなのは、わんわ

んがわたしのオールドコレクションの中からザ・ピーナツを出せだ
の、無かったらいしだあゆみでも山口百恵でも奥村チヨでもいいだ
の適当なことを言ったからで、わたしは奥村チヨを進めたのだが、
わんわんは聞きはしなかったので、百恵ちゃんのコスモスなんか聞
くはめになってもう夜も9時過ぎ。

きらいだっちゅうねん、さだまさしなんか。

百恵ちゃんはええとして。

まあいいや、わんわんが静かにしていてくれたら。

これは3歳児にあんぱんまんのビデオを見せている主婦の方と同じ
心境では? ようわからん。ほっといてくれ。

「酒入ってるんだろう」

と、わんわん。ご名答~。まだほろ酔い気分が抜けないのさ。どう
せならカラオケ連れてけ、お兄ちゃん。もう一杯いってみよう。

ん? これはもうすでに酒ではなくムー助氏が昼間買って来てくれ
た「旨茶」。ほろろ……。

わんわんが「とこぶし」をくれた。これはこれで旨いよ。だけどさ。

万代池公園には雪彦の欲求をかなえるために行った。毎年ここの桜
を1人で見ていたって。去年まで、6年間。今年でもう7年目。

それはそれでひとつのストーリー。

メールも返事来ん。ちっ。

今を、どう、やり過ごすかが問題なんじゃい、情けない話。

明日の不滅の愛より、今日の情けじゃいほんま。

まったくだらしない。